シモハナグループ

シモハナグループ

 

「人のやりにくい事をやる」「人の作りにくいものを作る」…シモハナグループはその実践によって、成長してきました。
事業シーズはお客様の「困り事」。誰も助けてくれる人がいないから、お客様は「困った…」とつぶやくのです。そのつぶやきを聞き逃さずに手を挙げて、その解決に粘り強く当たる。そうした実績を積み重ねることで、私たちは事業を拡大し、他社がなかなか参入できない独自のポジションを築いてきました。
現在、シモハナグループは電力・通信のインフラ建設系事業を展開する企業群と一般の流通インフラに関わる企業群に二分されます。ただし、業種・業態は違っても経営の基本思想は変わりません。

 

■成長志向
■実力主義・抜擢主義
■社員皆経営
■ガラス張り経営
■利益還元主義

 

これがシモハナグループ共通の価値観です。私たちは、この一つひとつ大切な価値観を統合し具体的に実践しながら、「人」を中心に据えた経営を行っています。企業の最大の経営資源は「社員」です。全社員の成長によって、シモハナグループはより高次元の「お客様の困り事」に応えていきます。